Blueなブルーレイを知る

ちまたで噂のブルーレイ。よく聞くけどあまり分からない。分からないから買う気がおこらない。なんて人も多いかもしれません。ここでは、そんなBlueなブルーレイについて解説します。



Blueなブルーレイディスクの容量はDVDの約5倍!

Blueなブルーレイディスクはまさにハイビジョンの高画質を記録するために生まれたものであるといえるでしょう。
直径12㎝でDVDと同じサイズにもかかわらず、DVDの記録容量4.7GBに対して、なんと片面1層だけで25GBを記録できるという大容量のディスクなのです。



Blueなブルーレイならこんな問題も解決!

Blueなブルーレイの細かい解説は後にするとして、ブルーレイならどんな問題が解決するのかをまずあげてみましょう。

  • 薄型大画面テレビのきれいな映像をDVDに録画したら、画質が落ちていてガッカリ・・・
  • ハイビジョンビデオカメラで撮って運動会の映像も、DVDに焼くときれいに残せないのは悲しい・・・
  • 最新作・話題作がブルーレイ対応ソフトで出ているのに、きれいな映像で見られないのは残念・・・
  • お気に入りの番組を録画したいけど、DVDを何枚も使うし、整理も面倒。

こんな問題がBlueなブルーレイなら解決します。



Blueなブルーレイなら映像もハイビジョンで残せる!

Blueなブルーレイレコーダーを使えば、ハイビジョンの迫力映像の感動体験もそのままディスクに残すことが出来ます。
大迫力のアクション映画、大自然の夕焼けなどのハイビジョン映像で受けた感動は、そのままフルハイビジョンで残したいものですね。



DVDも再生・録画が可能です!

Blueなブルーレイレコーダーなら、DVDプレーヤーでCDの再生が出来るように、DVDの再生も可能なので、お手持ちのDVDを無駄にしません。また、DVDへの録画にも対応している機種もあります。



Blueなブルーレイディスクならいろいろ選べる!

Blueなブルーレイディスクなら種類も豊富でいろいろ選べます。
再生専用のBD-ROM。一度だけ書き込めるBD-R。BD-REなら繰り返し書き込んだり消したり、約1,000回の書き換えが出来ます。

BD-ROM:再生専用
BD-R:一度の書き込み
BD-RE:書き換え可能



BlueなブルーレイってどこがBlue?

Blueなブルーレイって一体何がBlueなの?と思っている人が多いと思います。いろいろ解説してきましたが、このことには触れていませんでしたね。
実はディスクの表面が青いんです。これだけ?いやいや、表面が青いだけならブルーディスクですよね。
「波長が短く高密度な記録ができる青色レーザーを使用して、データの読み書きを行うことがその名の由来」というのが正解です。 ブルー(青色)、レイ(レーザー)、ということです。
ちなみにブルーレイディスクはBDと略します。



Blueなブルーレイの採用メーカー

Blueなブルーレイの採用メーカーは結構主要どころが集まったといってもよいでしょう。なるほどCMなどでもブルーレイという言葉ばかり聞くわけです。

SONY
テレビ録画からホームシアターまで様々なことが楽しめる豊富なラインナップを用意しています。
SONYのホームページ

Panasonic
「ディーガ」でおなじみ。世界初、DVDにもフルハイビジョン録画を可能にしました!
Panasonicのホームページ

SHARP
大人気の液晶テレビのAQUOSとカラーコーディネートができ、リビングに統一感が出るよう配慮されているのが特徴です。
SHARPのホームページ